Faronics

10781 : Deep Freeze のアクティベーションについて
NEW!

Deep Freeze オンプレミスのアクティベーションはどのように行われますか。


Deep Freeze のアクティベーションは、以下のように行われます。

①Deep Freeze クライアントをインストール後、クライアントが Deep Freeze Enterprise コンソールと通信してアクティベーションステータスを通知します。(ステータスが「保留中」となります)
  
②Deep Freeze Enterprise コンソールが Faronics Activation Server(https://api.faronics.com/) へクライアントのアクティベーションを要求します。
  
③Faronics Activation Server でライセンスをアクティベートします。
  
④Deep Freeze Enterprise コンソール からクライアントへライセンスを適用します。
  

 

                                   

通常 Deep Freeze Enterprise コンソール端末、クライアント端末がオンライン状態となっており、
Faronics Activation Server(https://api.faronics.com/) へインターネット接続可能な状態であれば、自動でクライアントにライセンスが適用されます。

なお、Deep Freeze Enterprise コンソールあるいはクライアント端末にてライセンスがアクティベーションされていない(ステータスが「保留状態」)の場合でも30日間は「評価版」にてご利用可能です。
ただし、期限がすぎるとクライアント端末は強制再起動され「非保護」状態となります。そのため、なるべく早いタイミングでライセンスを
アクティベーションいただくことをお勧め致します。

ライセンスステータスが「保留状態」となった場合の対処策については  FAQ:10780 にまとめておりますので、あわせて確認ください。

関連FAQ:

10780 : ライセンスステータスが 「保留中」と表示される

10784 : アクティベーションが完了した環境でアクティベーションが外れる


2019/12/26 16:07:20
2020/01/10 14:29:20